<< ラマダン中の食生活 | MAIN | 夏休みの終わり >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -

酒屋初デビュー

JUGEMテーマ:中東 QATAR



ラマダンは9月20日で終息を向かえました。

翌日の21日からはイード(EID)と呼ばれる祝日が3日間続き

ちょっとしたお祭りムードが続きます。

昨日から仕事にでているビジネスマンもぼちぼち見かけますが

ほとんどの企業は26日から通常の業務を再開します。


そして!

ホテルのバーや酒屋さんが

1か月の休息を経て

ついに再オープンを果たしたのです!


昨日早速酒屋に行ってみると

人、人、人。

三日月を眺めながら

1ヶ月間『禁酒』という戦いに勝ち抜いた外国人たちで

とっても賑わっておりました。


しかし!


カタールに唯一存在するこの酒屋で

誰しもが楽しくお酒を購入できるかと思ったら大間違い!

実は「アルコール購入許可書」所持者という選ばれし者のみが

ドアの向こうに広がる楽園に足を踏み入れることができるのです。

そして本日、私はその選ばれし者に運よく同行することに成功し

ついにその楽園とやらを自分の目で確かめるという快挙を成し遂げたのです。


まずは許可書を警備員に提示して駐車場のエントランスをくぐります。

酒屋入口にも警備員がおり再度許可証をチェック。

そして入口の脇に置かれているカードリーダに許可書を通すと

購入可能金額が提示されます。

選ばれし者であってもむやみやたらにお酒を購入することは禁止されています。

個人のお給料の数パーセント分に値する金額のみの購入が許されるのです。

私の友人は高給取りなので今月分の購入限度額は

4,000QR。日本円にすると約12万円。

これなら満足度の高い買い物ができますが

別の友人は悲しいことに

かなりの酒豪であるくせに月に2万円分しか購入できないため

毎月毎にじっくりと慎重に品を定めてお酒を購入しています。


お酒の種類はかなり豊富。

日本にある酒屋さんとなんら変わりはありません。

ワインは一番安いもので35QR〜(約1千円〜)。

ドーハにあるホテルのバーのグラス1杯分に相当する価格です。


友人はラマダン明けということで

かなり張り切って買い物した揚句

会計カウンターで1,700QR(約6万8千円)と告げられ仰天していました。

レシートの裏には

他人への譲渡禁止、購入物は自家用車で運ぶこと等

禁止事項が延々と書かれています。



こちらの素敵な「アルコール購入許可書」
をゲットするには

毎月の給料がある程度の額を満たしている者に限り

会社からの許可を得た上で申請手続きを行う必要があります。

しかし、カタール人がアルコールを購入することは固く禁止されています。


こうして、ドーハ在住3年目にして

ついに私は酒屋デビューは果たしたのです。

Qatar | 20:31 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | 20:31 | - | -










TRACK BACK URL OF THIS ARTICLE
http://cyutoseikatsu.jugem.jp/trackback/31
TRACK BACK